ブリーチによる染毛の仕組みって?

みなさんは、ブリーチによる染毛のしくみってご存知ですか? しかし、そこで大別するとすれば「染料」か「脱色」か、で分けることができるのです。
その中の「脱色」に相当するのが「ブリーチ」になります。
脱色剤として、既に長い歴史を持っているブリーチなのですが、そのしくみは基本的にヘアカラーとあまり大きくは、違わないのです。
まず、アルカリ剤でキューティクルを開く点は同様で、その後に成分をそこから浸透させる点も同様です。
違いは、浸透させる成分が「過酸化水素」という点なのです。
そのため、ブリーチを使用すれば、毛髪内にあるメラニン色素が脱色されて、髪の毛の色も変わって、結果として染毛ということになります。
脱色と染毛は、異なる現象ではありますが、違うメカニズムで行われるわけではないのです。
また、結果として、髪の毛の色が変わる点も同様です。
ただ、脱色の場合には、自然と髪の毛の色が制限されるのです。
脱色する場合には、メラニン色素が明るくなり、可能なのはハイトーンのみになるのです。
とはいえ、脱色の具合により、明るさは変わってきて、ある程度の色合いのコントロールは可能になります。
ブリーチは、主に女性が使用する印象が強いものだったのですが、現代では男女関係なく使用されているのです。