フラット35住宅ローンの金利はどうして決まる?

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがそんなフラット35の審査は、とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は住宅の価値を重視して審査を行います。
住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、色々な面から審査されるそうです。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った様な広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
新生銀行の住宅ローンを長年組んでいると、まとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすれば、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。