Loading...
Latest news

自営業の住宅ローン審査にクレジットカードは関係あるのか

今後、両親と同居している予定のある方

この機会に覚えて頂きたい住宅ローンを紹介致します。

原則として、お金を借りる時には年齢に制限があるので年を重ねるとどうしても審査に通りにくくなってしまいます。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で年齢がいっていても安心して申込み出来るのです。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなくまず親が返済をしていき、その後に子供が返す構成だからです。

こういった条件があるので長く借入れが出来るのです。

一つ勉強になったと思って、是非検討してみて下さいね。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

どこの会社の自営業の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期はおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

自営業の住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

この保険の詳しい内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。

という特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

自営業の住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査が行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

いつかはマイホームを建ててローンを考えている方は、完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが現に、25年や35年かかる方は半分程度だそうです。

多くの方が、10年以内に返済することを目標としています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、まとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

今の収入や生活状況をしっかり把握した上で、無理のない返済が出来るように計画を立てましょう。

実際に利用している方の声も参考になるので、見てみましょう。

オーバーローンにならないようにして下さい

借入れをする目的が家を購入するためのものなので、別の目的があって申請した場合には、違反になります。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?必ず確認した上で申し出を出さなければなりません。

仮に、契約した借入れ内容に不具合があれば間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

メリットだけでなくデメリットにも視点をあてながら、目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しましょう。

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。

厳しい審査が待っています。

変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

とはいえ、年収や勤続年数などはフラット35の場合、住宅の価値が問われます。

担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、住宅購入をする際には必ず自営業の住宅ローン審査が必要です。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか混乱してしまう事もあるかと思います。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども申し込みは出来ます。

しかし、どこで受け付けようとも審査を受ける必要があり申込者全員が通る。

という事でもないので注意してください。

将来、新築か中古の物件を購入しローンを予定されている方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

普通は、25年や35年といった決まった期間で申請するのですが調査結果では、満期より短い期間で返す方が多いようです。

多くの方が、10年以内に返済することを目標としています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、初期費用や設定にお金がかからない所を選択しましょう。

今後引かれるお金や必要になってくる経費も合わせて検討し、日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。

実際に利用している方の声も参考になるので、見てみましょう。

これから自営業の住宅ローンを組む予定のある方は、手数料がいくらかかるのかしっかり把握しておく必要があります。

データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるかこれらを総合的に計算してみる必要があります。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行では想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。